固有感覚のキネシオテーピングについて5/7

キネシオテーピングを修得しよう!

 腰痛・膝の痛みに大変効果の高いキネシオテーピングの貼り方を紹介しています。腰・肩・膝の痛みでお悩みの方
 国際基準の勝どきカイロプラクティック オフィスへ。アクティベータ・メソッドで関節神経機能を改善します。 

HOME > キネシオテーピングについて > 固有感覚テーピング5/7

固有感覚のテーピング5/7

海外でのキネシオテーピングの評価について

 続きで5回目です。
---------------------------------------------------
 『Rehabilitation of the Spine, 2nd ed.』本文

骨盤交差症候群の治療におけるキネシオテーピング

キネシオテックス・テープの伸縮性を利用して、活動が
低下した筋の促進と、過活動で収縮した筋の抑制に
テーピングを利用することができる。

骨盤交差症候群では、Jandaの報告のとおり、大殿筋、中殿筋、
および腹筋が抑制されるか、弱化している一方で、股関節屈筋と
腰部伸筋が縮んで硬直していることが多い。

キネシオテーピングは、これらの抑制された筋を
きわめて効果的に促進すると同時に、縮んで硬直した
筋を伸長させる。テープは大殿筋と中殿筋の
近位付着部から遠位付着部に向かって貼る。
たとえば、大殿筋を促進するには、テープの端を
まず腸骨後部の近位付着部に貼り、股関節を無痛の
最大屈曲域まで動かしたのち、大転子に固定する。

(5/7終了)

----------------------------------------


「骨盤交差症候群」は下位交叉症候群、ローア・クロス・シンドロームと
呼ばれるもの。下図のように機能亢進する筋群と機能低下する
筋群が交叉するように区分けされます。姿勢筋は緊張しやすく、
相動筋は筋力低下しやすい特徴があるためです。

ローア.jpg

文中では、臀筋群のみにテーピングを使用する記載となっていますが、
機能低下を起こしている、腹筋群にもテーピングを使用することを
お薦めします。




→ 次の6/7へ