キネシオテーピングの独自性について

キネシオテーピングを修得しよう!

 腰痛・膝の痛みに大変効果の高いキネシオテーピングの貼り方を紹介しています。腰・肩・膝の痛みでお悩みの方
 国際基準の勝どきカイロプラクティック オフィスへ。アクティベータ・メソッドで関節神経機能を改善します。 

キネシオテーピングの独自性について

独自性を理解することが上達の近道です

 激しいスポーツでよく使われるスポーツテーピングは「巻く」という
 表現を使い、施した後は関節は「固定」された状態となります。
 一方、キネシオテーピングでは「貼る」という表現を使い、施した後も
 関節は「可動」状態にあります。

 キネシオテーピングには「接着・伸縮・被覆」という3つの
 キーワードがあります。またテーピングする際に意識すべき
 大事なことが2点あります。
 (1)持続性刺激を与える

 (2)身体親和性を持たせる

 (1)の「持続性刺激」とは、キネシオテーピングを長時間身体に
 貼り付けておくことにより、やさしい刺激を持続的に身体に
 与え続けることです。そのためには、いかに「接着」された状態を
 長持ちさせるかがポイントになります。よってキネシオテックスを
 きれいにカットする必要があり、切り口がジグザグになっていたり、
 切り口の糸がケバ立った状態では剥がれやすくなってしまいます。
 また貼った後は必ず手でこすり、摩擦熱で粘着度を上げることも
 大事です。
 ちなみに「プロは道具を選ばず」といいますが、ハサミだけは
 よく切れるものを使用してください。
 参考までに、私は「NEVANON(ネバノン)」というハサミを
 使用しています。非常にキネシオテックスと相性がいいので
 使用してみてください。
 キネシオテーピングに携わるほとんどの方が使用しているのでは
 ないでしょうか。

 また(2)の「身体親和性」についてですが、当然、剥がれにくい
 テーピングを施しても、貼った後に違和感があり、
 皮膚のひきつれを感じるようでは貼られている側はストレスを
 感じてしまいます。いかにテーピングと身体を一体化させるかが
 ポイントになります。キネシオテックスの40%の「伸縮率」と
 貼るときの相手の肢位が重要となります。

 ここでよくみなさんが誤解することがあるのですが、
 キネシオテックスはよく「伸びます」。しかし、
 それは「テープを伸ばして貼る」ために設計されたのでは
 ありません。

 キネシオテーピングを施すことにより関節の可動域が大きくなります。
 例えば、貼る前は40°くらいしか曲がらなかった膝が60°くらいまで
 大きく可動域が改善したとします。テーピングは膝の前面に貼っている
 ので、膝を改善した角度まで曲げていくと、テープそのものが伸びて
 くれないと、皮膚が突っ張ってしまい、せっかく可動域が改善したのに
 テープそのものが邪魔をしてしまいます。これだと意味がなくなって
 しまうのはおわかりですよね。
 テーピングの応用編でテンションを掛けるために、引っ張って貼る
 手法もありますが、基本的には「改善した関節可動域を阻害しない
 為に、キネシオテックスは皮膚の伸長率に近い40%という値で
 伸張できるように設計されているのです。

 上記を意識してキネシオテックスを貼るのですが、「貼る」の言葉が
 示すように、キネシオテックスを皮膚の上にのせるということは、
 皮膚を「被覆」してあげることになります。
 このことをキネシオテックスの「保護分割作用」と呼びます。
 神経刺激の緩和・リンパ液の流れの改善の際には患部の
 痛みに沿って貼り(保護)、筋肉のパフォーマンスUPの際は
 筋肉の形に合わせて(起始・停止)貼ってあげます。
 「分割」の示す意味は、狙うべき筋膜(筋肉)とそうでない
 筋膜とを明確化するということです。

 キネシオテーピングは上記のように、他のテーピング法にはない
 独自性をもって、症状を改善させていく「自然療法」なのです。

 少し読みにくい文章になってしまいましたが、みなさんも
 キネシオテーピングを貼っていくうちに、
 「ああ、このことを言ってるんだな」と気づいて頂けると思います。

以上