キネシオテーピングの誕生について

キネシオテーピングを修得しよう!

 腰痛・膝の痛みに大変効果の高いキネシオテーピングの貼り方を紹介しています。腰・肩・膝の痛みでお悩みの方
 国際基準の勝どきカイロプラクティック オフィスへ。アクティベータ・メソッドで関節神経機能を改善します。 

キネシオテーピングの誕生について

キネシオテーピングの誕生

 カタカナだから外国産?
 いえいえキネシオテーピングは純粋の国産品です。加瀬健造という
 カイロプラクターの先生が考案されました。加瀬先生は関節痛に対して
 患部そのものではなく、その関節を動かしている筋肉に着目しました。
 この理由は慢性の膝痛の患者さんにアスレチックテープで患部を
 固定したところ、その晩に症状を悪化させてしまった反省からです。
 キネシオシオロジー(運動機能治療学)の観点から関節を動かす筋肉に
 着目されました。ちなみにキネシオテーピングの「キネシオ」は、
 この「キネシオロジー」を語源としています。
 次に目をつけたのは手術用の伸縮性包帯でした。再度患部を
 包むことから始めたのですが、一時的にはよさそうに見えてもやがて
 血行障害を起こし、痛みが増してしまい固定することは、日ごろ運動を
 していない一般の人には不向きであることがわかりました。
 そして試行錯誤を繰り返し、筋肉に沿ってテープを貼るという現在の
 スタイルに到達しました。
 早速、先天性股関節脱臼で股を開くことができない患者さんに中殿筋と
 いう筋肉を包むように貼ったところ股関節が開くようになり症状が 
 改善されたのが始まりです。

 キネシオテーピング法が考案されたのは1980年、実用化が1983年、
 全国キネシオテーピング協会の発足が1985年。
 誕生から来年(2010年)で30年が経過したことになります。
 今では、日本はもちろんアメリカ、カナダ、韓国、台湾、イタリア、
 ベルギー、ブラジル等、海外においても普及しており、
 オリンピック選手も愛用されているテーピング法なのです。